パソコンのディスプレイの前でつねに上下しているマーケットを見ていると何となくトレードをしなくてはいけないという欲求が生じる事も多かったりします。ライザップ 池袋

だが、はっきりしない思いでエントリーするのだけは、断じてしてはいけません。ライザップ 千葉

分かっていると思いますが、マーケットは終日、休みなくどこかの国の市場が変化しているし、市場も常時変化しています。

そうであっても、頻繁にエントリーをするとその回数だけマイナスになる危険が高くなってしまいます。

もちろん、トレードの回数を経験することによって、じょじょに利益を上げられる確率か半々になるのは事実。

しかしその事実は「なんだか分からない直感でトレード」してしまうこととは別の話だ。

売り買いの回数を積むというのは、自ら「ここだ!」と考え付いた時機を持った状況でのトレード回数を積むという事を言っています。

格段の理由がなく、ひっきりなしにエントリーを重ねるのとは大きく異なります。

相場の勝負に負けないためには意識してけじめをつけることこそが必要です。

「ここは!」と思えた為替相場の時には、保持ポジションを積み増して思い切り利益を追求します。

「ちょっと分からない市場でどう動くのか読めないな」と感じた時は潔く保持ポジションをひとつも残さないで閉じて黙っています。

これくらいのメリハリをつける方が、エントリーは勝利します。

マーケットの金言には「休むも相場」というものがある。

本当に言葉どおりだと思います。

相場とは、いかなる時でもポジションを保持する事が全部ではなく、何も保持せず静観していることも状況によっては、FXです。

そうであるならば、どういう時に、休むべきなのでしょうか。

ひとつめは、先述の通り、現在の為替相場がはっきりと理解できない時です。

これから円高になるのか、それとも円安になるのかが明確でない時は考え無しで行動すると、自ら書いた筋書きとは異なった方向に為替相場が変動してしまい、損失を被る事になります。

そういったケースではポジションを整理して、何もしないで様子をみるのがいいでしょう。

もうひとつの場面は、自分の体の調子がすぐれない時。

健康状態と市場に影響ないと思う人もいるでしょうが実際には関係あります。

コンディションが悪い時は外国為替市場の決断しなければいけない局面で、必要な決定ができなくなります。

関心がわかない時はマーケットから離れる事も大事な事です。