為替介入(外国為替市場介入)というのをご存知でしょうか?日銀が外国為替平衡操作(為替介入)をして新聞記事、ネットの報道で注目したみなさんもたくさんいると思います。

元より外国為替市場介入(為替介入)というと我が国の場合、・財務大臣が為替相場の安定性を保てるように用いる措置ということで評価されています。

わかりやすく言うと、急激な円高・円安が起こると財務大臣の指示が出ると中央銀行(日本銀行)日本円を売買することで為替の相場を安定化させる、ものです。

為替介入(外国為替市場介入)はやり方が何通りかあるのです。

1.単独介入・・・政府・日銀が東京での市場において自ら市場に加わり為替の介入を行なう。

2.協調介入・・・多くの通貨当局が協議のうえで各通貨当局のお金を使い同時または随時為替の介入して行く。

3.委託介入・・・異国の銀行などに向けて為替介入(外国為替平衡操作)を委託する。

4.逆委託介入・・・日本銀行が国外の銀行などに代わって為替介入(外国為替市場介入)を執行する。

これらの方法です。

どの場合の介入も一時期、もしくは引き続いて為替に多くの効果を与えるでしょう。

為替介入(外国為替市場介入)の額は自国のプライドをかけているだけにスケールが違うのです。

円を例に例えると、普段は数銭ごとに変化している円レートが突如数円の動きをします。

個人で投資をしている人ならば一度くらいは体験したと推測できますが、これまでは見込み通り利益(あるいは含み損)が多くなっている持ち高を維持していたところで、保持しているポジションが決済しましたという情報がFXの業者からEメールが届き・・・の儲けかな(損益が出たのかな)?と考えながら決済後のデータを確認すると、自身が想像していた状況とはまったく逆の事になっていてびっくりしたパターンがあったのです。

為替介入(外国為替平衡操作)が行なわれた場合に多く聞いた話なのです。

こういったことから介入が行なわれることで為替市場のトレンドと正反対の動向をすることがわかります。

まして動く金の大きさはかなり大きく変化するため用心が必要です。