外国為替平衡操作(為替介入)という言葉をご存知でしょうか?日銀が介入して新聞記事、TV、ネットの記事で注目したみなさんも多いと思います。最初から為替の介入といえば我が国の場合、◯財務大臣が為替のレートの沈着を保てるように使う方策として評価されています。簡潔に言えば、極端な円高・円安が起こると財務大臣の用命により中央銀行である日銀が日本円を売り買いすることで為替相場の安定化を狙う、ことを言います。外国為替市場介入(為替介入)はいくつか方法があるのです。1.単独介入・・・行政機関や中央銀行(日本銀行)が、東京市場で自ら市場に参加し為替の介入をする。2.協調介入・・・複数の銀行などが協議のうえで各通貨当局の資金を利用して同じタイミングあるいは続けて為替の介入を行なう。3.委託介入・・・海外の通貨当局に向けて外国為替市場介入(為替介入)を託す。4.逆委託介入・・・日本銀行が外国の銀行などに代わって為替介入(外国為替平衡操作)を遂行する。こういった方法です。どの場合の為替の介入も一時期、あるいは当面為替レートにインパクトを与えます。為替介入(外国為替平衡操作)のお金は当然国家の威信をかけて行なうのですから桁外れです。円ベースで説明すると、普段は少しだけ動く円レートが唐突に数円単位の変動をするのです。個人で投資をしている方であれば今までに経験していると思うのですが、それまでは問題なく含み益(あるいは損失)が増えているポジションを持っていたにもかかわらず、持続している持ち高が決済しましたという情報がFX業者よりメールが来ました。どれほどの儲けかな(損益が出たのかな)?と考えながら決済の状況を見たら自分で予測していた結果とはまったく反対の事態となってしまい息を飲んだといったケースがよくありました。外国為替市場介入(為替介入)が行なわれた場合によくある話です。こういったことから介入が行なわれると、為替の市場の変動と真逆の動向をします。加えて変動する額の幅はものすごく大きく大きく変動しますので注意しましょう。