通常のはじめたばかりの人向けのFX投資の書籍では、「損をした場面ではナンピン買いをして、ポジションの買い付けコストを低くする」などと述べられていますが、現実にはこれにはかなりの罠がある。まずはじめに、ナンピンの原理に関して分かりやすく説明しておこう。仮定として1ドル=100円でドルを買ったとします。ドル買いですので、円安になれば儲けを得られますが、不幸にして1ドルが95円までドル安に向ってしまったとします。この場面でポジションを所有し続けたら、マイナスをなくすためには損した分円安に進む必要があります。誰でも、損は可能な限り早く戻したいと願います。この状況を乗り切るため最初に買ったのと同じ分の$(ドル)を1ドルを95円で買い増します。それによって、ポジション全体の価格は1ドル=97.50銭まで低くする事が出来ます。結果として、半分の幅で円安ドル高に向えば、損失を失くせます。こういったことがナンピンの方法です。このとおり、ナンピンのやり方を目にすると「もっともだ」という気分になるが易々と思った通りにはなりません。1ドル=95円以下にならないとは、なんびとも分かるはずがありません。仮に、市場が相当に強い円高ドル安トレンドであるならば1ドル=95円では下げ止まることなくより一層ドル安が進む可能性があります。1ドル97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず、1ドル=95円まで円高ドル安になったとしたらナンピンした分についても、赤字が生まれてしまいます。その状況では、初めに保有したポジションとあわせて倍の差損が生じます。それゆえ、ナンピンは厄介です。それでは、外国為替市場が自身の台本とは逆にどんどん向う場合いかなる対策で危険性をコントロールすればいいのでしょうか。そういう時には取るべき道は多くはありません。まずひとつは潔くポジションを閉じる事です。もうひとつは現在、あなたが所持しているポジションを少なくする事によって、改めて市場がリカバリするのを動かないで待ち望むことです。だいぶ大人しい手法だと考える投資家もいるkもしれません。けれども、所有しているポジションにマイナスが生じた時一番有効なやり方はそれ以外には考えられません。理論上はナンピン買いをしてみる対策も効果的です。しかしナンピンは自分かマイナスになっているのに、ポジションを減らすどころか、それとは逆にポジションを重ねていく手段です。この方法では、リスクを管理することなど、無謀だと考えるべきです。ナンピンを続ける事ができればいつかは儲けが出るかもしれません。でも、それより先に資金が不足してしまいます。